血液用の薬との組み合わせに注意を要するグルコサミン

血液用の薬との組み合わせに注意を要するグルコサミン

薬剤を飲むとなると、組み合わせに関する問題点が浮上する場合があります。

 

というのも組み合わせ次第では、ネガティブな状態になる可能性もあるからです。

 

とりわけ鎮痛剤などは、やはり注意を要しますね。

 

痛み止めというのは強いタイプの薬も多いのですが、それだけに他のタイプとバッティングするケースも目立つからです。

 

他の痛み止めと反応をする事により、副作用が生じてしまう事も多々ある訳ですね。

 

もちろんそれは避けたいでしょう。

 

そして関節に関する痛みを予防したいと思う方などは、しばしばグルコサミンに関心を抱いていますが、やはり上記のような組み合わせには注意を要します。

 

なぜなら一部の薬剤と反応してしまう性質があるからです。

 

例えば血液凝固を防止する為の薬です。

 

人によっては血液に対して、何かの問題点が発生している事もあり、病院からそのタイプの薬が処方されるのですね。

 

ところが血液凝固を防ぐ薬は、実はグルコサミンとはあまり相性が良くありません。

 

状況によっては、その組み合わせによって副作用が生じる事もあるのです。

 

ですので血液に対する治療を行っていて、なおかつ病院から薬が処方された時には、まず薬剤師に相談するのが無難でしょう。

 

それで特に何も問題が無いと伝えられた時に、グルコサミンを服用するのが望ましいと思われます。

糖尿病だとグルコサミンは摂取できないの?

 

もし糖尿病を患っているのであれば、グルコサミンは控えなければいけません。

 

膝の痛みに最も効果的に働いてくれるグルコサミン、実は血糖値を上げてしまうと言われています。

 

ではなぜ血糖値上昇などが起きてしまうのでしょうか?まずグルコサミンにはアミノ酸の一種であるグルコースのヒドロキシル基の一部がアミノ基に置き換えられ反応を起こします。

 

少々分かりづらい説明ではありますが、ヒアルロン酸などのムコ多糖成分になります。

 

このヒアルロン酸には保湿をする物質で、軟骨のクッションのような組織成分ということは知られているとは思います。

 

なので膝の痛みにグルコサミンが利用されるというわけですが、血糖値が上がるのはブドウ糖の一種でもあるからだと考えます。

 

糖尿病の患者がグルコサミンを摂取しても問題が無かったとされていますが、ただこれは血統コントロールが関係してて問題が無かったともされています。

 

つまりグルコサミンは血糖値に影響を与えないとは言い切れないということになります。

 

またサプリなど情報サイトでも糖尿病の場合、グルコサミンはオススメできませんと記載されていることからも、もし糖尿病ならばグルコサミンは摂取しない方がいいでしょう。