グルコサミンで冬の痒みに対抗する

グルコサミンで冬の痒みに対抗する

冬の時期になりますと、肌の痒みでお悩みの方々が増加する傾向があります。

 

そもそも冬の時期というのは、総じて空気が乾燥しがちですね。

 

それで肌に対する損傷なども、全般的に大きくなる傾向があります。

 

しかしそれも個人差が見られるのですね。

 

肌における保湿力が高めな方々などは、たとえ冬の乾燥などでも耐えられる一面があります。

 

肌の保湿力が高めなだけに、それほど大きな痒みが生じない傾向があるのです。

 

その逆の方々も、もちろん見られます。

 

肌の保湿力が今一つなので、冬に肌が痒くなってしまうケースも多々見られる訳ですね。

 

では後者の方々はどうやってその問題を解決すれば良いかというと、グルコサミンという選択肢が浮上します。

 

というのもその物質の効能の1つに、保湿力アップがあるのですね。

 

具体的に言えば、身体が自分でヒアルロン酸を作る力を高めてくれる働きがあります。

 

もともと人間の体は、ヒアルロン酸を作る力が備わっているのですね、前述のように個人差がある訳ですね。

 

しかしグルコサミンを服用すると、その力も高まる訳です。

 

ですので毎年の冬になって肌の痒みが気になるようなら、グルコサミンの服用を検討してみるのも一法と言えます。

 

少なくともネガティブな方向に転ぶ事は無いと考えられます。

グルコサミンで膝痛を撃退してます

 

中高年になってから、とても気になることといえば膝の関節痛やきしみについてです。

 

階段を昇り降りしたり、朝玄関から出て歩き始める時など、膝がきしんでしまって動かしにくい実感があったり、関節痛で膝の動きがこわばる辛さがあり、グルコサミンのサプリメントを飲むようになったのです。

 

整形外科で変形性膝関節症と診断されてしまって、先生から毎月ヒアルロン酸の注射を打ってもらったり、痛み止めの内服薬を処方してもらったり、毎月1度は整形外科で湿布を処方してもらっていたのですが、現状維持をするのが精一杯といった感じで、膝痛や関節痛が癒えることは無かったです。

 

しかし、グルコサミンをサプリメントで毎日コンスタントに摂り入れるようにしてからは、以前よりも膝の痛みを気にすることが減ったり、膝に水が溜まってしまうことが激減してくれて、整形外科にお世話になる頻度も次第に減りました。

 

痛い時には毎週のように整形外科で先生から注射してもらったり、膝を見てもらっていましたが、グルコサミンを始めてからは整形外科へ行く頻度も激減してくれて、毎月の病院代や湿布代なども大幅に節約することが出来て、本当に助かっています。

 

最近は千円程度など非常に安値で売られているグルコサミンサプリメントも多いですし、関節痛の人や膝痛の人はグルコサミンは本当におすすめです。